日本統治時代の旧緑町遊郭…韓国・釜山忠武洞の置屋街「玩月洞」(ワノルドン)を見物する

朝鮮半島は明治43(1910)年の日韓併合から35年間、日本による統治を受けていた。その時代の痕跡は、特に日本にも近い韓国第二の都市・釜山にもそこかしこに残されているのだが、とりわけ特筆すべき点が「日本時代の遊郭がそのまま残った場所がある」というところ。

韓国 釜山 チャガルチ

それが釜山の中心市街地に位置する地下鉄1号線チャガルチ駅から割と近い所にあるというので、一度見に来てやろうと思っていたのだ。日本時代には「緑町遊郭」と呼ばれていた場所…現在は釜山広域市西区忠武洞2・3街にあたる地区である。

—-記事全文はnoteで読むことができます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。2009年から海外各地を訪問し始め、現在の訪問国は25ヶ国。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。