世界のホームレスたち -See the homeless in the world-

今、ヨーロッパ各国にシリアなど中東・アフリカ諸国から大量の難民が押し寄せ深刻な社会問題となっている。

難民が数百万人単位で続々と地続きのヨーロッパ諸国を渡り歩き、移民に寛容とされるドイツなどへの亡命を目指しているという。一方でフランスの首都パリで起きた同時多発テロ、そしてISISを始めとしたイスラム過激派の台頭もあるし、各国の政情不安、内戦といった要素も深刻化しているようだが、この生温い日本という島国で暮らしているとそうした国際問題などどこ吹く風か。せいぜい在特会としばき隊が川崎や蕨・西川口あたりに出てきてヘイトスピーチデモでしばき合ってるくらいである。

さて、当方は2009年から2015年までの間、アジア・アメリカ・ヨーロッパの25ヶ国を一週間から一ヶ月の間旅行し様々な街を巡ってきた。そうして思った事は「日本はなんて安全なんだ」という陳腐過ぎる答えがまず最初に出てくるのと、さらに「日本にはなんで物乞いが居ないのか」という二つ目の答えが出てくるのである。

当記事は世界各地の街角にいるホームレスの人々を観察し続けてきた世界DEEP案内の集大成。10ヶ国のホームレス・物乞いの特徴をまとめたレポートとなります。日本のホームレスは実に大人しい存在である事が分かります。

—-記事全文はnoteで読むことができます(有料配信です)—-

The following two tabs change content below.
DEEP案内シリーズ管理人。2009年から海外各地を訪問し始め、現在の訪問国は25ヶ国。2017年6月15日に単行本「『東京DEEP案内』が選ぶ 首都圏住みたくない街」(駒草出版)を全国発売。首都圏を中心に飛ぶような売り上げを記録し増刷決定。